古物商,古物商許可証

諦めない心

こんにちは。

 

古物商でガツンと稼ぐ研究会 細矢 です。

 

 

先日、超一流のボイストレーナーの先生と
お話をしてきました。

 

 

いやぁ〜超一流の方というのは凄いですね。

 

 

嫌味感がなく、こちらが気持ちよくなるほどの
”絶対的な自信”が津波のように伝わってきます。

 

 

あなたも、何か絶対的な自信をもっていますでしょうか。

 

 

もしも、持っていなければまだまだ私同様、
修行不足かも知れません。

 

ぜひ、これからも学びを続けていきましょうね。

 

それでは今週もガツンと参りましょう!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          諦めない心               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

さて、先ほど、自信についてお話をいたしましたが、

 

先日ある本を読んでいたらこんな記事がありました。

 

 

私も負けてられない!
自分も絶対に成し遂げることが出来る!!

 

 

そんな勇気をいただけるお話です。

 

 

ぜひ、お聞きください。

 

 

--------------------------------------------------------------

 

ピート・グレイ選手は、1942年のカナダ・アメリカ野球リーグで、
42試合で打率3割8分、見事 打率トップを記録しました。

 

その2年後、1944年にサザン・リーグの選手としてプレーした時には、
ホームランを5本、盗塁68回を記録して、リーグの最優秀選手に選ばれました。

 

 

その結果、翌年1945年にセントルイス・ブラウンズの
選手になることができたのです。

 

---------------------------------------------------------------

 

一見、どこにでもある一流プレイヤーのお話ですよね。

 

今で言えば、松井選手やイチロー選手といったところでしょう。

 

こうした記録だけを見ても立派なものだと思います。

 

 

 

しかし、何よりも驚くべきことは、

 

この彼の運動神経や記録ではありません。

 

 

 

実は…

 

 

 

彼が【 片腕 】の選手だったということです。

 

 

両腕を使いプレーする野球選手が99%の中、
彼は腕一本のみでスター選手になっていたのです。

 

 

 

想像できますか?

 

 

あなたが腕一本のみで野球をする姿を…

 

何万人もの観客に見つめられる中、

 

150キロの速球を打ち返すイメージ…
片腕で取り、直ぐに投げ返す動作を…

 

なかなか出来ないと思います。

 

 

しかし、彼は一流選手になったのです。

 

 

 

 

私は、あまり野球に詳しくないので、ピート・グレイ選手の名前を
この時初めて知ったのですが、【 片腕 】の大リーガーに
興味が沸いて、いろいろと調べてみました。

 

 

 

彼が幼いころの夢は、ヤンキースタジアムで野球をすることだったそうです。

 

 

しかし、6歳のころに事件が起きます。

 

 

彼は6歳の時に大好きな機関車を見に行って、
その機関車の下敷きになり、右腕を根元からなくしてしまったそうです。

 

 

泣き叫ぶピートに、父親は「諦めるな、諦めるな」
と言い続けたそうです。

 

 

そして、彼は父の言葉を胸に、とにかく必死で練習をしたそうです。

 

 

草野球チームでは一度も練習に参加させてもらえませんでしたが、
毎日、文句を言わずに球拾いをしました。

 

 

片手で素振りをし、片手で捕球の練習をし、
野球学校にも通いました。

 

 

24歳になるまで入団テストを受けることすら断られ続けたのですが、
それでも、彼は決して諦めることはなかったそうです。

 

 

差別を受け、罵られ続けたそうです。

 

 

しかし、それでも絶対に諦めなかったピートは、
24歳の時、ようやくニューヨークのセミプロ球団から声をかけられました。

 

 

そして、これを契機に、相次ぐ大抜擢をうけ、
夢であるメジャーリーガーとなったわけです。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

 

私はピート選手のことを調べれば調べるほどに、

 

本当に大きな感動と、胸の高鳴りを覚えました。

 

 

 

「私は何を躊躇しているのだろう?」

 

 

自分の可能性を自分で閉ざしているだけなのではないか…

 

 

そう考えさせられました。

 

 

【諦めない】という強い思いの力を、
改めて思い知らされた瞬間でした。

 

 

 

ピート選手の父は、当時をこう記しています。

 

 

「あの時、もしも彼から、野球という夢まで奪ってしまえば、
もう、彼には何も残らない。『諦めるな』と言うしか他になかった」

 

 

 

普通は、『諦めるな』と言われても、心の隅っこで
「どうせダメだ」「出来ないかもしれない」などと考えてしまいます。

 

 

しかしピートは、父の言葉を忘れず、
自分自身で【心の強さ】を育てたのでしょう。

 

 

ピートは87歳でその生涯を閉じますが、
亡くなる前に こう残しました。

 

----------------------------------------------------------------

 

私の子供の頃の夢は、ヤンキースタジアムで野球をすることでした。

 

そして、それを叶えられたことが、自分の人生にとって、
もっとも素晴らしい出来事だったと思います。

 

自分のような、体に生涯をもつ者にとって、練習こそが全てでした。

 

でもたとえ練習しても自分にやってくるチャンスは
わずかなものでした。

 

 

ある時こう言われたことがあります。

 

「両方の腕があっても、野球をするのが難しいのに、
 片腕で野球なんかできるわけがないだろう」

 

 

それでも諦めず、自分は常に夢に向かって練習したのです。

 

最後に好きな言葉を送ります。

 

 

 A winner never quit
【勝利者は常に諦めない。】

 

----------------------------------------------------------------

 

 

この言葉を読んだ途端、「自分に出来ないことは無い!」と
確信しました。

 

 

あなたも、出来ないことは無いはずです。

 

 

もしも、普段の仕事、自分の夢、何気ない生活の中で、
くじけそうになったら、ビート選手を思い出してみてください。

 

 

彼の人生から、多くの勇気をもらうことができます。

 

 

もしも自信が無くてもあなたは出来ます。

 

ぜひ、自信を持ってください。

 

 

そして、自分の夢を叶えて頑張っていきましょうね!

 

 

それでは、今週も残りもう少しです。

 

張り切ってガツンと頑張っていきましょう!!

 

 

 


トップページ 日本全国の古物市場リスト販売 安心してご依頼いただける理由 お問い合わせ