古物商,古物商許可証

オークションでの台帳記載について

 

本来であれば、古物台帳に基づく項目をしっかりと集めるのが基本です。

 

ただ、オークションの場合は、これは困難でしょう。

 

このポイントは、仕入れた商品の販売元が、何かの犯罪と関与していた場合に、その仕入れ元が誰だったのか?

 

そして、自分が犯罪と関与していないことが分かれば、古物台帳の目的が達成できます。

 

ですので、メールやヤフーの取引履歴を元に、データを保管し、古物台帳に記載することがベストです。※千葉県警本部確認済みです。

 

 

海外のオークションサイトで中古品を扱う場合

 

例えば、世界最大のオークションサイトにて、中古のアンティーク品を仕入れ、日本で販売する場合や、海外の仕入れサイトで仕入れ、日本で販売する場合。

 

 

古物商許可証は必要なのでしょうか?

 

 

基本的には必要ございません。

 

理由は国内法のためです。

 

ですので、海外からの仕入れには適用されません。

 

ただし、海外サイトで購入した場合でも、販売者が日本からの出荷であれば、免許が必要になります。

 

少々、わかりにくいかもしれませんが、ぜひ、覚えてください。

 

ネット販売では開業届けが必要?

 

ネット販売(Yahoo!オークション及びHPでの販売)を行なうにあたりまして個人事業主の開業届がすぐに必要なのでしょうか?

 

 

これは、堅い話で行きますと、 年間利益が20万円を越しますと 納税の義務が発生いたします。
ですので、個人事業主の開業届出をする必要がございます。

 

※この場合は、税務処理が異なりますので、会社等へ税務署が報告することはありませんし、会社からの要求でも個人情報の保護の立場から開示することもございません。

 

 

 

 

 


トップページ 日本全国の古物市場リスト販売 安心してご依頼いただける理由 お問い合わせ